カードローン利用の基本は返済計画

カードローンの借入前に行うこと?返済計画とは何か

カードローン利用者の中で借入前に返済のことまでしっかり考えている人がどの程度いるでしょうか。しかしこれは実は大変危険な事なのです。いかに少額であったとしても借金は借金です。必ず返済しなければならないものです。返済できるかできないかを吟味してからでないと本来怖くて借りられないはずです。もし途中で返せなくなったときは小額と言えども社会的信用は失墜します。したがってカードローンで借入をする場合も他のローンと同じように返済計画を立てるようにしましょう。

銀行で用意した返済シミュレーションでは駄目

返済計画を立てる場合まず行わなければならないのは返済シミュレーションです。シミュレーションとは何かを行う前に仮想的に机上で計算してみて上手く行くかどうかを試してみることですが、最近ではリボ払が普通ですから銀行や消費者金融のホームページでは借入額と毎月の返済額を入力すると返済期間が計算されるような返済シミュレーションを利用出来ます。しかしこれは単に返済期間を計算してみただけでシミュレーションとは言えません。

本来のシミュレーション

本来の意味でシミュレーションを行う場合にはその期間中ずっと返済し続けることが出来るかどうかを確かめてみることが必要です。ですから返済額と返済期間が分かっただけでは駄目でその期間中の各月の自分の収入と支出を予想して返済に回せるだけの余裕があるのかどうかを見て初めて可能になるのです。もちろん予想はできるだけ正確に行う必要があるため、直近月の収支だけではなくて前年の同時期の収支を参考に季節変動なども考慮する必要があります。

返済不能の月がある場合には

シミュレーションの結果返済不能になる月がある場合には、借り入れしてはいけません。賞与などで足りない分の補てんが出来る場合は良いですが、補てんの可能性もあやふやな状態で借り入れすることは危険です。その時点で新たな借り入れが発生してしまう可能性も出てくることになり。いつまでたっても返済が終わらないというような事態になりかねません。確実に足りない分が補てんできるようになるか、借入金額を減らすようにしてください。

シミュレーションの結果を返済計画として残す

返済に問題が無いようであればそのシミュレーションの通り返済するような返済計画を纏めます。自分に都合のいい判断ばかりしたシミュレーションに基づいて返済計画では意味がありませんから、ここでできれば自分の判断が甘くないか配偶者や家族などにも確認してもらうことを勧めます。家族には内緒などという借入はこの際止めてしまった方が良いのではないでしょうか。家族などによるチェックでも大丈夫と言うことであれば実際に借入を行うようにしましょう。

返済計画は毎月見直す

返済計画はあくまで計画ですから、実際の場面では予想したよりも収入が少なかったとか多かったとかと言うことがありますので、毎月返済が済んだところで返済計画を見直すことが大切です。収入が多かった場合には良いのですが、収入が少なかったり、思わぬ出費があったような場合には以後の計画に支障がないかどうか見直してみてください。支障があるようであればどのようにその支障を取り除いてゆくのかの検討をして返済計画に盛り込むようにします。
(⇒返済計画は常に見直す