銀行カードローン 低金利

カードローンの返済が出来なくなった!どうすればよいのでしょう?

最近の経済の低迷からか経済的に行き詰ってしまって、もはや返済は不可能になってしまったという人もそれほで珍しい例ではなくなりました。もちろん金融機関にとっては大迷惑な話ですが、借りている本人も非常につらい状態に追い詰められてしまったと言って良いでしょう。しかしカードローンはローンですからそのままでは逃げることはできません。このような場合には法律的に債務を処理して、生活を立て直す方法が用意されています。

法律ではどうなっているのか

法律では返済不能になった場合には債務整理と言って任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産と4つの方法が用意されています。その人の状況によってどれを選ぶかを決めることになります。基本的には裁判所で決めてもらうことになりますから弁護士に依頼するのが普通です。ただし任意整理は金融機関との話し合いで妥協点を見つけることになりますから、自分でも可能ですが、相手はプロですからうまく言い包められて不利な条件を飲まされる場合もあるのでやはり弁護士に依頼しましょう。

反省が必要

債務整理に追い込まれるということは返すべきお金が返せないということです。そのおかげで金融機関をはじめそこに預金している人たちにも迷惑をかけているという事です。こういう場合金融機関を悪く言う人もいるのですが、金融機関は法律に決められた範囲内の利息を付けて法律に則って貸しているわけで、闇金なら別ですが、合法な金融機関には罪はありません。あくまで借りた側に問題があったと言えます。十分反省する必要があるのです。

社会的ペナルティを覚悟する

債務整理を行った場合には社会的な信用は大きく失墜します。つまり再度ゼロから信用を作っていくことが必要にです。法律的にやり直す機会を与えられたわけですから、本当に最初からやり直さなければなりません。周囲の人にも大きな迷惑をかけたはずですから、再度同じような状態にならないように今度は慎重に計画的な生活を築いていって下さい。ペナルティは大きいですが後ろ向きに考えず、やり直す機会が与えられたと前向きに考えるようにしましょう。

一段落したら

債務整理には時間がかかりますが一段落したら以前の生活を見直すようにしましょう。債務整理に至ってしまったのは何が原因だったのかよく検討しなければなりません。表面的な原因を見るのではなくその裏に隠されている真の原因が表れるまで何故と言う言葉で追究し続ける事が必要です。ここでしっかり追究しておかないと、同じ人間ですからまた同じ原因で同じ失敗を繰り返すことになってしまう可能性もあるのです。慎重の上にも慎重に追究しましょう。

たかがカードローンではない

カードローンはせいぜい一回の借り入れは10万円程度までですので、返済について軽い気持ちで考えてしまっている人がいます。そのために返済計画が杜撰になり返済不能になってしまう人を見かけます。債務整理などと言う方法は決して褒められたものではないのです。ですからたとえ1万円の借入であっても返済計画は大変重要なのです。たかがカードローンと思っているる人は考えを改めて、今後借り入れする場合には、しっかりした返済計画を立てることを忘れないようにしましょう。

物入りだったので返済が出来そうにない!そういうときの対処は

返済を長くやっていると時には物入りの月があって、返済が難しい場合も出てくるでしょう。そういう場合に迷惑をこうむるのはカードローンを提供している金融機関でありひいてはそこの預金者と言うことになります。しかしまさか返済を踏み倒すという気もないでしょうから、何か対応を取ってその場を切り抜ける必要があります。金融機関の方もたまにはそういうことがあるということは百も承知でですので、対応次第で大事にはならずに済むのが普通です。

返済が遅れるとどうなるか

返済が遅れた場合、まず金融機関から督促状が届きます。督促状の通りに返済すればそれ以上のことはありませんが、さらに遅れると今度は回収担当から電話があります。金融機関の窓口は女性ですが、回収担当はそうとは限りません。紳士的ではありますが多少威圧感がある場合もあります。それでも返済しないと今度は回収担当の訪問を受けることになります。ただし普通の銀行であればドラマにあるような怖いお兄さんが来るようなことはありません。あくまで返済についての話し合いです。

こちらから連絡する

しかしこのパターンは金融機関に対して礼を失しています。本来であれば返済が間に合わないと分かった時点で借りている側から連絡を入れなければなりません。金融機関によっては一時的に返済額を減額してくれるサービスもありますし、そういうことが明示的になっていなくてもとにかく連絡を入れておくことが必要です。対処方法はその時に金融機関と話し合いましょう。そうすることによってこの人は別に踏み倒そうと思っているわけではないことが伝わり誠意を感じてくれるでしょう。

返済が完了するまで

返済が滞った場合には、まず生活を見直して切れる出費はすべて切って返済に回します。そんなことはできないと怒り出すかもしれませんが、そういう人はそもそもカードローンを利用してはいけないのです。責任感が無さすぎると言って良いでしょう。それから遅れている分の返済が完了するまでは逐一金融機関に連絡を入れて状況を説明しておく必要もあります。返済が遅れることがどれほど面倒なことになるのか良く覚えておいて下さい。

返済計画を見直す

返済計画を見直すことも必要です。返済が滞らないように返済計画を立てたのに返済が遅れてしまったということは返済計画に何か重大な齟齬があったということです。どこに問題があったのか問題の本質が分かるまで十分に検討してください。そうしなければまた同じ問題が発生する可能性があります。問題が分かったら以後の返済計画を詳細に見直して同じ問題が潜んでいないかを見直す必要があります。ついでの別の問題がないかも良く検証しておきましょう。

返済計画が無かった場合

返済計画が最初から無かった人は、返済が行き詰ったのは返済計画が無かったこと自体が大きな原因だった可能性もあります。そもそも返済計画も無しにお金を借りてはいけません。滞りなく返済を終えるにはたとえ一万円の借入であってもしっかりした返済計画が必要なのです。自分のお金の動きを全部掴んで返済する余裕が見つからない限りお金を借りてはいけないのです。余裕がなければお金を借りるのではなく生活レベルを調整する方向で考えましょう。

リボ払いの利息は意外に大きい?返済は賢く行おう

カードローンを利用している人はたくさんいると思います。申し込みの時には金利などを気にしてできるだけ利息の少ないものをなどと考えて選んだはずなのですが、利用を開始すると、リボ払いで月々の返済額が同じこともあってあまり自分がいくら利息を払っているのかを気にしなくなってしまいます。特に何度も借りているとどんどん返済期間が延びて、ずっと返済が続くためどこまでが利息なのかどこまでが元本なのか分からなくなってしまいます。

意外に大きい利息

利息と言うものは金利だけではなく返済期間に大きく依存します。しかもリボ払いで借り続けると、返済期間は伸びるばかりで利息は次第に膨らんでいってしまいます。一度自分がいくら利息を払っているのか計算してみてください。きっとびっくりするほど払っていることが分かるはずです。そこで利息を減らす方法を考えてみましょう。利息は元本×金利×借入期間です。しかも利息は返済が残っている元本に掛かって来ますから減らすにはどうすればよいでしょうか。

元本を減らす

金利は金融機関が決めるものですから自分で変更するわけにはいきません。そこで返済期間を減らすことを考えてみましょう。返済期間を減らすためには返済金額は一定な訳ですから元本を減らせば良いことになります。それでは元本を減らすにはどうすればよいでしょうか。通常のカードローンは毎月の返済のほかに一括返済を行えるようになています。全額返済しても良いですし一部でも良い筈です。そうして元本を減らすことが出来れば以後の利息を大きく減らすことが出来ます。

一時的な収入が有ったら

そこで賞与などの一時的な収入が有ったら、まず返済できるだけ返済してしまいましょう。一時的に収入が有ったらそれこそ貯金に回すと言う人がいますが、貯金で付く利息を計算してみてください。その利息がカードローンで支払っている利息の額を上回っているのであれば貯金にも意味があります。しかし下回っているのであれば返済に回した方が得と言うことになります。ですから借金をしているということを忘れないで返済できるときに返済してしまうことを考えましょう。

一度借りたら返済するまで借りない

一時的な収入が見込めない場合には、借り続けることを止めましょう。一度借りて返済途中で更に借りることになると返済額が増えない以上、前の借入を返してしまわないと次に借りた分の元本分は減っていきません。したがって借り入れ期間はとんでもなく長くなってしまいます。そこで次を借りる場合にはそれまで借りた分を返してからにすることが大変有効です。月々の返済金額が同じだからと言って、油断していては大損なのです。

計画的に借りて返済しよう

借り続けるのはリボ払いと言うシステムも影響していますが、借りる側の計画性の無さも大きな原因です。お金を借りるということは借金をするということを忘れてはいけません。借りる前にしっかり返済計画を立てて返済することはもちろんですが、前記のように返済が終わるまでは次を借りないぐらいの計画性を持たばければ、そのうち徐々に借入金額が累積していって限度額に近づきそれ以上借りられなくなり、生活が破綻することにもなりかねません。

借りる前に返済計画は立てましたか?返済中も見直しが必要です

カードローンを借りている人のうち借りる前に返済計画を立てている人の割合は極めて少ない筈です。カードローンの場合一回の借入金額はぜいぜい10万円程度と言うのが大半で多くは数万円でしょう。そのため自分の収入に対して大きな金額ではないですから、返済計画なんて必要ないと考えがちになってしまいます。しかしローンを組む場合には返済計画は非常に大切で、それは金額とは関係ありません。数万円であっても馬鹿にはできないのです。

返済計画とは

返済計画は金融期間がホームページで提供している返済シミュレーションとは次元が違い自分の収入と支出を加味して本当に返していけるかどうかを判断して立てるものです。大きな収入があっても大きな支出もあるのであれば、余裕の資金は限られます。したがってそこにカードローンの返済の余地は無いかもしれません。そういう場合に備えて、返済が終了するまでの期間の計画を立てることが必要なのです。借りるときは収入だけを見がちですが、支出も考慮しなければなりません。

返済を始めたら

ここでは借入前に返済計画を立てたということで話を進めます。返済中は毎月決まった日に返済状況をチェックします。できれば返済期日直後に行いましょう。当然ですが当初立てた返済計画は計画ですから実際の収入や支出と食い違いが出てきます。そこでその食い違いの結果が翌月以降に影響してこないかどうかを見極めなければなりません。今月の余剰資金を来月以降で当てにしている場合には余剰資金の金額によっては来月以降の返済計画を見直す必要があります。必要なら支出を抑えなければなりません。

原因を追究する

このような返済計画に狂いが出て来た場合にはなぜ狂いが生じてしまったのか今後のために原因を追究しておきましょう。収支について自分の見積りが甘かったのが、あるいは急な病気などで不可抗力だったのかなどの検討をして、もし防げる可能性があるものであれば防ぐ手立ても検討しておくことが必要です。またいくらくらいの余裕を用意しておけば急場を凌いで、以後の返済計画を見直さなければならない事態に至らないようにできるのかも見極めておきましょう。

余裕があり過ぎるのも問題

予定より収入が多く余裕が大きかったような場合も見積りの観点からいえば問題があります。余裕があることは良いことではありますが、返済計画を立てる段階でなぜそれが分からなかったのか検討しておきましょう。また余裕が出来たことで、一括返済などが可能かどうかも検討して、もし可能であれば返済してしまった方が、利息を計算してみれば分かりますが、絶対と言って良いほどお得だということが分かります。一部でもよいので返済に回しましょう。

今返済中で返済計画が無い場合

今現在返済途中で借入するときには返済計画など作っていない場合には、今からでもよいので以後の返済計画を作ってみましょう。やはり借りる前に作るのと手順としては同じですがすでに借りてしまっているので、返済が厳しい月には別の支出を抑えるような計画を立てます。こうしておくだけでも毎月何に注意していけば良いのかわかるようになりますから返済の見通しは格段に明るくなったと言って良いでしょう。以後の返済はこの計画の通りに進めてください。

借りるだけでは駄目!返済には十分注意しよう

カードローンはお金を借りることばかりを考えがちですが、きちっと返済してこそローンなのです。要するに貸してもらったお金は他人のものですから利息を付けてきっちり返さなければならないと言うことです。しかしこの返済がなかなか曲者で下手をすると、その気は無くても期日に返済できず、信用情報に記載が乗ってしまう可能性もあります。そのような事にならないように借りる時以上に十分注意して、完済するようにしてください。

返済を忘れないこと

返済時によくある問題は、返済期日を忘れてしまい、返済できないことです。こういう人は借金を返すという認識が足りません。返済を忘れないように簡単なものではカレンダーに印を付けておくとか、携帯やスマホのアラームをセットしておくとかパソコンの予定表に記入しておくとか、忘れないような仕掛けを入れておくことが重要です。できれば返済期日の2~3日前に気づくようにしてすぐに返済してしまうようにしておけば安心です。

口座引き落としも安心できない

自分は口座引き落としだから大丈夫と言う人も多いと思いますが、実はそういう人にも良くある問題なのです。いくら口座引き落としでも口座にお金が入っていなかったら何の役にも立ちません。要は口座引き落としのための口座への入金を忘れてしまうのです。結局のところ前記の返済を忘れるのと何ら変わることはありません。口座にたくさん入っているのであれば良いのですが、そもそもそういう人はカードローンも必要無い訳で、残高の少ない人ほどカードローンのお世話になっているはずです。

振り込み手続きをしても安心できない

現在ではインターネットバンキングを利用して自分の口座から金融機関の口座にインターネット経由で振り込むことが出来ます。しかしここにも落とし穴がります。インターネットバンキングの振り込み依頼は24時間可能ですが、実際に振り込みが行われる時間は限定されます。つまり金融機関の窓口が空いている時間です。この時間を過ぎてしまえば、振り込みは翌営業日と言うことになって、返済期日に振り込みをした気になっているのに実は遅れてしまったということになります。

振り込みが遅れないサービスもある

しかしこの場合には期日に返済しているわけですから金融機関側の都合で振り込みが遅れてしまったと解釈できないこともありません。そこで最近ではインターネット上のサービスを利用して、いつでも振り込み依頼をすれば瞬時に振り込みが行われるようになっているカードローンも存在します。もし仕事が忙しく、振り込み依頼が金融機関の営業時間までに行えるかどうか確証がない人はこのようなサービスが使えるところを選んでみてはいかがでしょうか。

期日を知らせてもらう

返済期日が近づくとメールで知らせてくれるサービスを行っているところもあります。色々とパターンがありますが、返済期日前、返済期日当日、返済されていない場合には返済期日後にメールが届きます。忘れっぽい人には大変有効なサービスですのでカードローンの利用開始からこのサービスを申し込んでおくことを勧めます。自分は絶対に大丈夫だと言う人に限って怪しいので、備えあれば憂いなしですからぜひ利用しておきましょう。

借入はATMだけではない!自分に合った使い方を選ぼう

カードローンというのはその名の通りカードを利用してキャッシュカードと同じようにATMからお金を借りるような金融商品でした。しかし色々な技術の進歩もあり、カードを使わなくても利用できるような仕掛けを提供しているカードローンも存在します。カードローンによってはカード自体を発行しない使い方も選べるようになりました。そこまで行くともはやカードローンでは無いかもしれませんが、自分の使い方に合わせて利用するようにしましょう。

ATM

まずはATMですがATMもカードを発行した金融機関のものだけではなく提携している金融機関のものはもちろん、最近ではコンビニに設置されているものも含めて大変利用できる箇所が増えています。特にコンビニの端末が利用できる場合にはかなりの田舎に出張に行ったとしても利用できる可能性がありますから、大変便利です。自分の使っているカードの提携先を確認してみましょう。もちろん契約時のパンフレットではなくて最新情報で確認してください。

電話での振り込み依頼

これも大変便利で、ATMまで行っていられないような場合に電話で自分の口座に振り込んでもらう依頼が出来ます。口座の残高が少なく、何らかの引落が心配と言うような場合に利用すると良いでしょう。ただし振り込み依頼の問題点は振り込みが15:00までしか行えないことです。したがって振り込み依頼はその少し前までしか受け付けてもらえず、それ以後になった場合には金融機関の翌営業日まで振り込みは行われませんから注意が必要です。

インターネットを利用した振り込み依頼

これも振り込み依頼ですが、インターネット経由で振り込みを依頼するものです。もちろんパソコン、携帯、スマホなどなんでもOKと言うのが普通です。インターネットショッピングでお買い物をしたが残高が厳しいというようなときに利用することが考えられます。また相手先の口座に直接振り込んでくれるようなサービスを行っている金融機関もありますから自分の利用しているものにどのようなサービスがあるのか確認しておきましょう。

インターネットでの使用を限定する場合

予めインターネットでの使用に限定して申し込みを受け付けているような物の場合カードが必要ありませんから、カードを発行しない場合があります。このようなものでは、利用開始の申し込みもすべてインターネット上から可能なようになっているところもあって、一日中パソコンに向かっているような人には使い勝手が良いものです。これから申し込みをするような人でカードはいらないような使い方を考えて居る人には検討する価値があるでしょう。

使いすぎには注意

借入が便利になると自然に利用回数が増えてしまうものです。しかしカードローンは借金ですから利用は最小限に抑えるべきものです。もし抑える自信がないような人の場合には申し込みを行わない方が無難かもしれません。借りなければ生活できないよと言う場合、本来は生活レベルを下げるべきですし、そもそも借金しなければならない状態になるのはちょっとおかしいという認識を持っていないと、どうしても借り過ぎてしまうものです。
(⇒借り入れ限度額は預金ではない

銀行カードローンが本当に良いのか?キャッシングローンも検討しよう

カードローンと言えば銀行カードローンと考えがちですが、同じような金融商品に消費者金融のキャッシングローンがあります。同じようなと言っては消費者金融に失礼でもともとこの商品はキャッシングローンが元祖であって、銀行カードローンはキャッシングローンの利用者急増を見て銀行が同じようなものを作ったと言った方が良いかもしれません。できてしまうと当然ですが銀行の信用力は抜群ですから、あたかも銀行カードローンの方が主流に見えてきますから不思議なものです。

金利からいえば

金利から見た場合には例外もありますが概ね銀行カードローンの方が金利設定は低くなっています。このため利息という意味では銀行カードローンはお勧めできるものです。ただしこれはリボ払いで長期間返済していく場合です。利息と言うのは金利だけでは決まりません。金利と借入期間で決まるものです。したがって借入期間が極短期間であればカードローンでもキャッシングローンでも利息の金額に大きな差が表れるようなことはありません。

利用方法を考えよう

前記のようにリボ払いで長期に返済を続けるのであれば、銀行カードローンがお勧めです。しかし早期に一括して返済してしまう場合には、カードローンでもキャッシングローンでもそう大きな違いは出ないと考えられます。また金利だけでなく使う場所や返済方法が充実しているものなども考慮して決めるべきです。そこでまずは自分の利用場面を想像して利用の仕方を考えるようにしましょう。その上でどのローンを利用するのかを検討してください。

無利息期間

ここで一つ利用方法次第では大変有利なローンがあります。ある一定期間内に返済すれば無利息になるというもので利用の仕方として一時的に借りて給料日に一気に返すというような場合にはこの一定期間内であれば利息を払う必要がありません。この無利息期間を持つものは概ね消費者金融系のキャッシングローンになります。銀行カードローンでも初回に限って無利息と言うものもあります。無利息になる期間はそのカードローンごとに違いますから確認してください。

その他の考慮点

その他にはお金を借りるという点だけではなく、カード自体に多くのサービスの割引や利用の度にポイントが付くものもあります。いろいろと調べて自分の良く利用するサービスが含まれているような場合にはトータルで考えてどれが得になるのかを計算してみてください。利息以上に特になるのであればそのカードローンのほうがお勧めと言うことが出来ます。こういうサービスと言う面では銀行カードローンよりもキャッシングローンの方が充実している場合もあるので十分調べましょう。

審査が通らなければ意味がない

いろいろ検討して銀行カードローンが良いという結論でもおかしいことではありませんが、利用までには審査と言う壁があります。どんなに良くても審査が通らなければ利用することはできません。審査は金融機関のノウハウで行われますが、概して銀行系の方が厳しく行われる傾向があります。正社員であれば問題はありませんが、銀行では厳しいという人もいます。そういう場合もやはりキャッシングローンの利用を検討してみてください。
(⇒銀行カードローンの審査が通る為には

カードローンの使いすぎ!借入限度額が預金に見えてないですか

カードローンは審査が通ってしまえばカード1枚でATMからお金を引き出すことが出来ます。これ何かに似ていますよね。そうです預金を引き出すときにそっくりです。預金の場合には預金残高まで引き出すことが出来ますが、カードローンの場合には借入限度額まで引き出すことが出来ます。利用方法が似ているために、非常に使い勝手が良くついつい利用してしまうのがカードローンの困ったところで、だんだん歯止めが無くなってしまう人がいます。

借入限度額とは

借入限度額と言うのは利用者の返済能力を考慮して銀行などの金融機関が審査時に決めた限度額のことです。当然ですが預金とは全く性質の異なるもので自分のものとして金融機関が用意してくれたものではなくて、ここまでならお貸ししますよと言うものです。カードの形にしたのは便利に使えるからというだけのことで、決してキャッシュカードの様に使って良いということではありません。ここで引き出すことが出来るお金はすべて他人のものだという感覚を持ちましょう。

借金と言う認識

他人のものだということはこのカードで引き出したお金は借金で必ず利息を付けて返すものであって、使えば使うほど利息を払わなければならず、自分は損をしているのだという認識をしてください。便利だ便利だということで安易に使っている人がいますが、そいう人は長い期間に大きな利息を払うことになって、使わない人に比べて無駄なお金を使い続けているということになります。借金はできるだけ少なくしておいた方が良いというのはお分かりいただけると思います。

認識を替えよう

長い間カードローンを使っていると借入限度額がまるで自分の預金のように感じられてしまうと言いますが、前記のようにこれらはすべて他人のお金であり、それを引き出すということは借金をすることです。ですからカードローンを利用しようというときは本来は使ってはいけないものであり、どうしてもお金が要りようの時だけに利用するものだというように認識を変えてしまうことが必要です。特にギャンブルやレジャーなどのお金の場合には自分のお金が溜まってからにするようにしましょう。

どうしても認識が替えられないときには

どうしても自分の預金であるような感覚が変えられないときにはカード自体を家族に預けてしまうようにします。たとえばギャンブル依存症や、買い物依存症と言うような場合には自分一人ではどうしようもありませんから、家族の協力を得て、お金を使わないような生活に戻していくしかありません。カードを預けたうえで自分の金銭感覚を変えていきカードローンに頼るような生活を元に戻していくことが大切です。場合によっては心療内科で相談することも必要かもしれません。

浪費癖がある人は

性格的にいい加減で浪費癖があるような人にとってはカードは打ち出の小づちのようなもんですから、自分にはそういう面があるとわかっていたら最初からカードローンの申し込みをしないようにしましょう。カードを持てば必ず借入限度額が預金の様に思えてくるはずですから事前にそういうことが無いような手段を講じておくことが必要です。便利ですがあえて利用しないということも自己防衛としては大変有効な方法と考えることが出来ます。

カードローンの借入前に行うこと?返済計画とは何か

カードローン利用者の中で借入前に返済のことまでしっかり考えている人がどの程度いるでしょうか。しかしこれは実は大変危険な事なのです。いかに少額であったとしても借金は借金です。必ず返済しなければならないものです。返済できるかできないかを吟味してからでないと本来怖くて借りられないはずです。もし途中で返せなくなったときは小額と言えども社会的信用は失墜します。したがってカードローンで借入をする場合も他のローンと同じように返済計画を立てるようにしましょう。

銀行で用意した返済シミュレーションでは駄目

返済計画を立てる場合まず行わなければならないのは返済シミュレーションです。シミュレーションとは何かを行う前に仮想的に机上で計算してみて上手く行くかどうかを試してみることですが、最近ではリボ払が普通ですから銀行や消費者金融のホームページでは借入額と毎月の返済額を入力すると返済期間が計算されるような返済シミュレーションを利用出来ます。しかしこれは単に返済期間を計算してみただけでシミュレーションとは言えません。

本来のシミュレーション

本来の意味でシミュレーションを行う場合にはその期間中ずっと返済し続けることが出来るかどうかを確かめてみることが必要です。ですから返済額と返済期間が分かっただけでは駄目でその期間中の各月の自分の収入と支出を予想して返済に回せるだけの余裕があるのかどうかを見て初めて可能になるのです。もちろん予想はできるだけ正確に行う必要があるため、直近月の収支だけではなくて前年の同時期の収支を参考に季節変動なども考慮する必要があります。

返済不能の月がある場合には

シミュレーションの結果返済不能になる月がある場合には、借り入れしてはいけません。賞与などで足りない分の補てんが出来る場合は良いですが、補てんの可能性もあやふやな状態で借り入れすることは危険です。その時点で新たな借り入れが発生してしまう可能性も出てくることになり。いつまでたっても返済が終わらないというような事態になりかねません。確実に足りない分が補てんできるようになるか、借入金額を減らすようにしてください。

シミュレーションの結果を返済計画として残す

返済に問題が無いようであればそのシミュレーションの通り返済するような返済計画を纏めます。自分に都合のいい判断ばかりしたシミュレーションに基づいて返済計画では意味がありませんから、ここでできれば自分の判断が甘くないか配偶者や家族などにも確認してもらうことを勧めます。家族には内緒などという借入はこの際止めてしまった方が良いのではないでしょうか。家族などによるチェックでも大丈夫と言うことであれば実際に借入を行うようにしましょう。

返済計画は毎月見直す

返済計画はあくまで計画ですから、実際の場面では予想したよりも収入が少なかったとか多かったとかと言うことがありますので、毎月返済が済んだところで返済計画を見直すことが大切です。収入が多かった場合には良いのですが、収入が少なかったり、思わぬ出費があったような場合には以後の計画に支障がないかどうか見直してみてください。支障があるようであればどのようにその支障を取り除いてゆくのかの検討をして返済計画に盛り込むようにします。
(⇒返済計画は常に見直す

カードローンは金利だけで決めてはいけない!何に注意すればよいか

銀行カードローンを申し込もうという場合とにかく金利で選ぶのが普通です。もちろん金利は最も重要な項目の一つですが、実はそれだけで選ぶと利用する時になって問題が出てくる場合があり、選ぶ時点で自分が利用する場面を良く念頭に置いて考えることが重要です。せっかく利用したいと考えて面倒な申し込みや審査が通ったのに使い勝手が悪かったら意味がありませんから、選ぶ際には十分注意して、念には念を入れて検討してください。

自分の利用場面を考える

まず自分が銀行カードローンを利用したいと考えたときのことを思い出してください。いつ利用したいと思ったのでしょうか。なにかお金が要りようになった時のはずです。そこは何処でしょう。たとえば自宅とか会社とか出先とかでしょう。また今後もそういうことが起こる可能性があるために銀行カードローンが必要と感じた訳です。大変重要な選択基準になる可能性がありますのでその状況を良く思い出すことから始めましょう。思い出せないのであれば、次に必要性を感じるまで申し込みは見合わせましょう。

利用したい場所は

利用したい場所は自宅周辺でしょうか、会社周辺でしょうか、それとも出先でしょうか。これらの場所で急に要りようになったら通常はそのカードの銀行のATMかもしくは提携ATMを利用します。したがってこれらの場所に利用できるATMが存在するかどうかを良く調べます。最近ではコンビニでも利用できる場合がありますから、なるべく利用できるところが多い方が使い勝手は良くなるでしょう。周辺を良く調べて、使える銀行カードローンを選びましょう。

返済を考える

借りたお金をどのように返済するかを考えてみましょう。通常はリボ払で月々返済しますが、たとえば給料日前に借りて一週間以内に返済したいような場合には無利息期間が利用できます。カードローンによっては表向きの金利は高いのですが、一定期間内に返済してしまえば利息を取らないというような物があります。したがってこの場合金利だけを見ていてはこの無利息期間を利用できないものを申し込んでしまう可能性があります。返済方法によりますが、これも検討ポイントです。

返済を忘れないようにする

銀行カードローンは借りるためにあると考えている人が多いですが、返済も大変重要なことです。通常は自動引き落としで行う人が多いですが、気を付けなければならないのが残高不足です。このために自分で振り込むようにしている人もいますが、それでも振り込み自体を忘れてしまう場合もあります。このため返済日前になると返済期日をメールで知らせてくれるサービスを行っているところもあります。返済が遅れると面倒ですので、これらのサービスも狙い目です。
(⇒返済時の注意

自分が利用しやすいということが大切

これらは金利に関係していることのほか、自分の利用しやすさと言うことが大きな要因になることを示しています。銀行カードローンを選ぶ際には自分の利用場面を色々と思い浮べてそれらを満たしてくれるような仕掛けやサービスがあるかどうかをチェックしてみることが大変重要です。とにかく金利が大事だという場合には金利だけで選んでも良いですが、後で悔やむことにならないように、十分検討してから申し込みを行うようにしてください。