賢い返済方法

リボ払いの利息は意外に大きい?返済は賢く行おう

カードローンを利用している人はたくさんいると思います。申し込みの時には金利などを気にしてできるだけ利息の少ないものをなどと考えて選んだはずなのですが、利用を開始すると、リボ払いで月々の返済額が同じこともあってあまり自分がいくら利息を払っているのかを気にしなくなってしまいます。特に何度も借りているとどんどん返済期間が延びて、ずっと返済が続くためどこまでが利息なのかどこまでが元本なのか分からなくなってしまいます。

意外に大きい利息

利息と言うものは金利だけではなく返済期間に大きく依存します。しかもリボ払いで借り続けると、返済期間は伸びるばかりで利息は次第に膨らんでいってしまいます。一度自分がいくら利息を払っているのか計算してみてください。きっとびっくりするほど払っていることが分かるはずです。そこで利息を減らす方法を考えてみましょう。利息は元本×金利×借入期間です。しかも利息は返済が残っている元本に掛かって来ますから減らすにはどうすればよいでしょうか。

元本を減らす

金利は金融機関が決めるものですから自分で変更するわけにはいきません。そこで返済期間を減らすことを考えてみましょう。返済期間を減らすためには返済金額は一定な訳ですから元本を減らせば良いことになります。それでは元本を減らすにはどうすればよいでしょうか。通常のカードローンは毎月の返済のほかに一括返済を行えるようになています。全額返済しても良いですし一部でも良い筈です。そうして元本を減らすことが出来れば以後の利息を大きく減らすことが出来ます。

一時的な収入が有ったら

そこで賞与などの一時的な収入が有ったら、まず返済できるだけ返済してしまいましょう。一時的に収入が有ったらそれこそ貯金に回すと言う人がいますが、貯金で付く利息を計算してみてください。その利息がカードローンで支払っている利息の額を上回っているのであれば貯金にも意味があります。しかし下回っているのであれば返済に回した方が得と言うことになります。ですから借金をしているということを忘れないで返済できるときに返済してしまうことを考えましょう。

一度借りたら返済するまで借りない

一時的な収入が見込めない場合には、借り続けることを止めましょう。一度借りて返済途中で更に借りることになると返済額が増えない以上、前の借入を返してしまわないと次に借りた分の元本分は減っていきません。したがって借り入れ期間はとんでもなく長くなってしまいます。そこで次を借りる場合にはそれまで借りた分を返してからにすることが大変有効です。月々の返済金額が同じだからと言って、油断していては大損なのです。

計画的に借りて返済しよう

借り続けるのはリボ払いと言うシステムも影響していますが、借りる側の計画性の無さも大きな原因です。お金を借りるということは借金をするということを忘れてはいけません。借りる前にしっかり返済計画を立てて返済することはもちろんですが、前記のように返済が終わるまでは次を借りないぐらいの計画性を持たばければ、そのうち徐々に借入金額が累積していって限度額に近づきそれ以上借りられなくなり、生活が破綻することにもなりかねません。