返済計画は常に見直す

借りる前に返済計画は立てましたか?返済中も見直しが必要です

カードローンを借りている人のうち借りる前に返済計画を立てている人の割合は極めて少ない筈です。カードローンの場合一回の借入金額はぜいぜい10万円程度と言うのが大半で多くは数万円でしょう。そのため自分の収入に対して大きな金額ではないですから、返済計画なんて必要ないと考えがちになってしまいます。しかしローンを組む場合には返済計画は非常に大切で、それは金額とは関係ありません。数万円であっても馬鹿にはできないのです。

返済計画とは

返済計画は金融期間がホームページで提供している返済シミュレーションとは次元が違い自分の収入と支出を加味して本当に返していけるかどうかを判断して立てるものです。大きな収入があっても大きな支出もあるのであれば、余裕の資金は限られます。したがってそこにカードローンの返済の余地は無いかもしれません。そういう場合に備えて、返済が終了するまでの期間の計画を立てることが必要なのです。借りるときは収入だけを見がちですが、支出も考慮しなければなりません。

返済を始めたら

ここでは借入前に返済計画を立てたということで話を進めます。返済中は毎月決まった日に返済状況をチェックします。できれば返済期日直後に行いましょう。当然ですが当初立てた返済計画は計画ですから実際の収入や支出と食い違いが出てきます。そこでその食い違いの結果が翌月以降に影響してこないかどうかを見極めなければなりません。今月の余剰資金を来月以降で当てにしている場合には余剰資金の金額によっては来月以降の返済計画を見直す必要があります。必要なら支出を抑えなければなりません。

原因を追究する

このような返済計画に狂いが出て来た場合にはなぜ狂いが生じてしまったのか今後のために原因を追究しておきましょう。収支について自分の見積りが甘かったのが、あるいは急な病気などで不可抗力だったのかなどの検討をして、もし防げる可能性があるものであれば防ぐ手立ても検討しておくことが必要です。またいくらくらいの余裕を用意しておけば急場を凌いで、以後の返済計画を見直さなければならない事態に至らないようにできるのかも見極めておきましょう。

余裕があり過ぎるのも問題

予定より収入が多く余裕が大きかったような場合も見積りの観点からいえば問題があります。余裕があることは良いことではありますが、返済計画を立てる段階でなぜそれが分からなかったのか検討しておきましょう。また余裕が出来たことで、一括返済などが可能かどうかも検討して、もし可能であれば返済してしまった方が、利息を計算してみれば分かりますが、絶対と言って良いほどお得だということが分かります。一部でもよいので返済に回しましょう。

今返済中で返済計画が無い場合

今現在返済途中で借入するときには返済計画など作っていない場合には、今からでもよいので以後の返済計画を作ってみましょう。やはり借りる前に作るのと手順としては同じですがすでに借りてしまっているので、返済が厳しい月には別の支出を抑えるような計画を立てます。こうしておくだけでも毎月何に注意していけば良いのかわかるようになりますから返済の見通しは格段に明るくなったと言って良いでしょう。以後の返済はこの計画の通りに進めてください。