返済できない場合には

カードローンの返済が出来なくなった!どうすればよいのでしょう?

最近の経済の低迷からか経済的に行き詰ってしまって、もはや返済は不可能になってしまったという人もそれほで珍しい例ではなくなりました。もちろん金融機関にとっては大迷惑な話ですが、借りている本人も非常につらい状態に追い詰められてしまったと言って良いでしょう。しかしカードローンはローンですからそのままでは逃げることはできません。このような場合には法律的に債務を処理して、生活を立て直す方法が用意されています。

法律ではどうなっているのか

法律では返済不能になった場合には債務整理と言って任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産と4つの方法が用意されています。その人の状況によってどれを選ぶかを決めることになります。基本的には裁判所で決めてもらうことになりますから弁護士に依頼するのが普通です。ただし任意整理は金融機関との話し合いで妥協点を見つけることになりますから、自分でも可能ですが、相手はプロですからうまく言い包められて不利な条件を飲まされる場合もあるのでやはり弁護士に依頼しましょう。

反省が必要

債務整理に追い込まれるということは返すべきお金が返せないということです。そのおかげで金融機関をはじめそこに預金している人たちにも迷惑をかけているという事です。こういう場合金融機関を悪く言う人もいるのですが、金融機関は法律に決められた範囲内の利息を付けて法律に則って貸しているわけで、闇金なら別ですが、合法な金融機関には罪はありません。あくまで借りた側に問題があったと言えます。十分反省する必要があるのです。

社会的ペナルティを覚悟する

債務整理を行った場合には社会的な信用は大きく失墜します。つまり再度ゼロから信用を作っていくことが必要にです。法律的にやり直す機会を与えられたわけですから、本当に最初からやり直さなければなりません。周囲の人にも大きな迷惑をかけたはずですから、再度同じような状態にならないように今度は慎重に計画的な生活を築いていって下さい。ペナルティは大きいですが後ろ向きに考えず、やり直す機会が与えられたと前向きに考えるようにしましょう。

一段落したら

債務整理には時間がかかりますが一段落したら以前の生活を見直すようにしましょう。債務整理に至ってしまったのは何が原因だったのかよく検討しなければなりません。表面的な原因を見るのではなくその裏に隠されている真の原因が表れるまで何故と言う言葉で追究し続ける事が必要です。ここでしっかり追究しておかないと、同じ人間ですからまた同じ原因で同じ失敗を繰り返すことになってしまう可能性もあるのです。慎重の上にも慎重に追究しましょう。

たかがカードローンではない

カードローンはせいぜい一回の借り入れは10万円程度までですので、返済について軽い気持ちで考えてしまっている人がいます。そのために返済計画が杜撰になり返済不能になってしまう人を見かけます。債務整理などと言う方法は決して褒められたものではないのです。ですからたとえ1万円の借入であっても返済計画は大変重要なのです。たかがカードローンと思っているる人は考えを改めて、今後借り入れする場合には、しっかりした返済計画を立てることを忘れないようにしましょう。