返済が遅延する場合の注意

物入りだったので返済が出来そうにない!そういうときの対処は

返済を長くやっていると時には物入りの月があって、返済が難しい場合も出てくるでしょう。そういう場合に迷惑をこうむるのはカードローンを提供している金融機関でありひいてはそこの預金者と言うことになります。しかしまさか返済を踏み倒すという気もないでしょうから、何か対応を取ってその場を切り抜ける必要があります。金融機関の方もたまにはそういうことがあるということは百も承知でですので、対応次第で大事にはならずに済むのが普通です。

返済が遅れるとどうなるか

返済が遅れた場合、まず金融機関から督促状が届きます。督促状の通りに返済すればそれ以上のことはありませんが、さらに遅れると今度は回収担当から電話があります。金融機関の窓口は女性ですが、回収担当はそうとは限りません。紳士的ではありますが多少威圧感がある場合もあります。それでも返済しないと今度は回収担当の訪問を受けることになります。ただし普通の銀行であればドラマにあるような怖いお兄さんが来るようなことはありません。あくまで返済についての話し合いです。

こちらから連絡する

しかしこのパターンは金融機関に対して礼を失しています。本来であれば返済が間に合わないと分かった時点で借りている側から連絡を入れなければなりません。金融機関によっては一時的に返済額を減額してくれるサービスもありますし、そういうことが明示的になっていなくてもとにかく連絡を入れておくことが必要です。対処方法はその時に金融機関と話し合いましょう。そうすることによってこの人は別に踏み倒そうと思っているわけではないことが伝わり誠意を感じてくれるでしょう。

返済が完了するまで

返済が滞った場合には、まず生活を見直して切れる出費はすべて切って返済に回します。そんなことはできないと怒り出すかもしれませんが、そういう人はそもそもカードローンを利用してはいけないのです。責任感が無さすぎると言って良いでしょう。それから遅れている分の返済が完了するまでは逐一金融機関に連絡を入れて状況を説明しておく必要もあります。返済が遅れることがどれほど面倒なことになるのか良く覚えておいて下さい。

返済計画を見直す

返済計画を見直すことも必要です。返済が滞らないように返済計画を立てたのに返済が遅れてしまったということは返済計画に何か重大な齟齬があったということです。どこに問題があったのか問題の本質が分かるまで十分に検討してください。そうしなければまた同じ問題が発生する可能性があります。問題が分かったら以後の返済計画を詳細に見直して同じ問題が潜んでいないかを見直す必要があります。ついでの別の問題がないかも良く検証しておきましょう。

返済計画が無かった場合

返済計画が最初から無かった人は、返済が行き詰ったのは返済計画が無かったこと自体が大きな原因だった可能性もあります。そもそも返済計画も無しにお金を借りてはいけません。滞りなく返済を終えるにはたとえ一万円の借入であってもしっかりした返済計画が必要なのです。自分のお金の動きを全部掴んで返済する余裕が見つからない限りお金を借りてはいけないのです。余裕がなければお金を借りるのではなく生活レベルを調整する方向で考えましょう。