銀行カードローンの審査が通る為には

銀行カードローンの審査は厳しい?どんな書類を用意すればよいのか

銀行のカードローンは審査が厳しいと言われますが、始めて申込をしてみるような人はそれが大変気になるようです。正社員の場合には比較的通りやすいのですが、契約社員、パート、アルバイトとなってくると徐々に厳しくなり、個人事業主はさらに厳しく、いわゆる水商売ともなると、審査に通らないと考えた方が良いかもしれません。これらの人が銀行カードローンを申し込む場合どのような書類を用意しておくことが必要なのでしょうか。

ある程度以上の年収と安定した収入を証明すればよい

銀行が貸付を行うためには後々返済が行われることが大前提になります。したがって、借りる人には安定した収入が無ければなりません。また法律によって50万円以上、他の金融機関分を合わせても100万円以上を貸し付ける場合には年収の3分の1までという規制が存在しますので、ある程度の年収もなければなりません。これらが証明できれば銀行カードローンの審査は通るものと考えられます。以前は資産状況によって年収などは審査されない場合もありましたが、問題が多く現行制度が出来ました。

正社員の場合

正社員の場合には年収を証明する書類に給与明細などがあればほとんど問題になることはありません。ただし申込前に他行で住宅ローン以外に多額のローンを組んでいるような場合には審査は通らないことがあります。特に他行を合わせて100万円を超えるような場合には年収によっては審査は通りません。自分のローンの利用状況をよく見て申し込みを行ってください。金融機関が違えば大丈夫だろうと考えるかもしれませんが、これは法律による規制ですから無理です。

契約社員・パート・アルバイトの場合

この場合も基本的には同じですが、年収の証明のほかに、安定収入を示すための直近半年分くらいの給与明細を用意しておきましょう。場合によってはさらに何かの書類を求められることがあるかもしれませんが、その時は用意する必要があります。これらの人の場合でも名の通った会社に長期間務めていることが分かれば審査は比較的容易に通りますが、何度も勤務先が変わっているような場合には、評価が下がって、場合によっては審査は通らないこともあります。

個人事業主の場合

個人事業主の場合には経営する事業所が安定していることを証明しなければなりません。したがって事業所の決算書などを数年分用意して安定した事業を展開しているか、拡大していることを証明することが必要です。これに加えて毎月の利益も安定していることが証明できれば審査が通る可能性が高くなります。申し込む場合には予め銀行に相談してどんな書類があれば通りやすいのか聞いておくのも良いかもしれません。諦めずに根気よくやりましょう。

水商売の場合

水商売の場合はまず通らないと考えた方が無難ですが、申し込む場合には自分の年収を証明する書類と、半年分ぐらいの給与明細のほかにお店の状態を証明する書類が必要になる場合があります。水商売の場合、今安定していてもお店自体が無くなってしまうことも珍しくありませんから、長期間安定した経営を行っていることを証明しなければなりません。両方が証明できて初めて審査の対象に上れるというような位置付けだということを覚えておきましょう。