借り入れ限度額は預金ではない

カードローンの使いすぎ!借入限度額が預金に見えてないですか

カードローンは審査が通ってしまえばカード1枚でATMからお金を引き出すことが出来ます。これ何かに似ていますよね。そうです預金を引き出すときにそっくりです。預金の場合には預金残高まで引き出すことが出来ますが、カードローンの場合には借入限度額まで引き出すことが出来ます。利用方法が似ているために、非常に使い勝手が良くついつい利用してしまうのがカードローンの困ったところで、だんだん歯止めが無くなってしまう人がいます。

借入限度額とは

借入限度額と言うのは利用者の返済能力を考慮して銀行などの金融機関が審査時に決めた限度額のことです。当然ですが預金とは全く性質の異なるもので自分のものとして金融機関が用意してくれたものではなくて、ここまでならお貸ししますよと言うものです。カードの形にしたのは便利に使えるからというだけのことで、決してキャッシュカードの様に使って良いということではありません。ここで引き出すことが出来るお金はすべて他人のものだという感覚を持ちましょう。

借金と言う認識

他人のものだということはこのカードで引き出したお金は借金で必ず利息を付けて返すものであって、使えば使うほど利息を払わなければならず、自分は損をしているのだという認識をしてください。便利だ便利だということで安易に使っている人がいますが、そいう人は長い期間に大きな利息を払うことになって、使わない人に比べて無駄なお金を使い続けているということになります。借金はできるだけ少なくしておいた方が良いというのはお分かりいただけると思います。

認識を替えよう

長い間カードローンを使っていると借入限度額がまるで自分の預金のように感じられてしまうと言いますが、前記のようにこれらはすべて他人のお金であり、それを引き出すということは借金をすることです。ですからカードローンを利用しようというときは本来は使ってはいけないものであり、どうしてもお金が要りようの時だけに利用するものだというように認識を変えてしまうことが必要です。特にギャンブルやレジャーなどのお金の場合には自分のお金が溜まってからにするようにしましょう。

どうしても認識が替えられないときには

どうしても自分の預金であるような感覚が変えられないときにはカード自体を家族に預けてしまうようにします。たとえばギャンブル依存症や、買い物依存症と言うような場合には自分一人ではどうしようもありませんから、家族の協力を得て、お金を使わないような生活に戻していくしかありません。カードを預けたうえで自分の金銭感覚を変えていきカードローンに頼るような生活を元に戻していくことが大切です。場合によっては心療内科で相談することも必要かもしれません。

浪費癖がある人は

性格的にいい加減で浪費癖があるような人にとってはカードは打ち出の小づちのようなもんですから、自分にはそういう面があるとわかっていたら最初からカードローンの申し込みをしないようにしましょう。カードを持てば必ず借入限度額が預金の様に思えてくるはずですから事前にそういうことが無いような手段を講じておくことが必要です。便利ですがあえて利用しないということも自己防衛としては大変有効な方法と考えることが出来ます。