借り入れ方法

借入はATMだけではない!自分に合った使い方を選ぼう

カードローンというのはその名の通りカードを利用してキャッシュカードと同じようにATMからお金を借りるような金融商品でした。しかし色々な技術の進歩もあり、カードを使わなくても利用できるような仕掛けを提供しているカードローンも存在します。カードローンによってはカード自体を発行しない使い方も選べるようになりました。そこまで行くともはやカードローンでは無いかもしれませんが、自分の使い方に合わせて利用するようにしましょう。

ATM

まずはATMですがATMもカードを発行した金融機関のものだけではなく提携している金融機関のものはもちろん、最近ではコンビニに設置されているものも含めて大変利用できる箇所が増えています。特にコンビニの端末が利用できる場合にはかなりの田舎に出張に行ったとしても利用できる可能性がありますから、大変便利です。自分の使っているカードの提携先を確認してみましょう。もちろん契約時のパンフレットではなくて最新情報で確認してください。

電話での振り込み依頼

これも大変便利で、ATMまで行っていられないような場合に電話で自分の口座に振り込んでもらう依頼が出来ます。口座の残高が少なく、何らかの引落が心配と言うような場合に利用すると良いでしょう。ただし振り込み依頼の問題点は振り込みが15:00までしか行えないことです。したがって振り込み依頼はその少し前までしか受け付けてもらえず、それ以後になった場合には金融機関の翌営業日まで振り込みは行われませんから注意が必要です。

インターネットを利用した振り込み依頼

これも振り込み依頼ですが、インターネット経由で振り込みを依頼するものです。もちろんパソコン、携帯、スマホなどなんでもOKと言うのが普通です。インターネットショッピングでお買い物をしたが残高が厳しいというようなときに利用することが考えられます。また相手先の口座に直接振り込んでくれるようなサービスを行っている金融機関もありますから自分の利用しているものにどのようなサービスがあるのか確認しておきましょう。

インターネットでの使用を限定する場合

予めインターネットでの使用に限定して申し込みを受け付けているような物の場合カードが必要ありませんから、カードを発行しない場合があります。このようなものでは、利用開始の申し込みもすべてインターネット上から可能なようになっているところもあって、一日中パソコンに向かっているような人には使い勝手が良いものです。これから申し込みをするような人でカードはいらないような使い方を考えて居る人には検討する価値があるでしょう。

使いすぎには注意

借入が便利になると自然に利用回数が増えてしまうものです。しかしカードローンは借金ですから利用は最小限に抑えるべきものです。もし抑える自信がないような人の場合には申し込みを行わない方が無難かもしれません。借りなければ生活できないよと言う場合、本来は生活レベルを下げるべきですし、そもそも借金しなければならない状態になるのはちょっとおかしいという認識を持っていないと、どうしても借り過ぎてしまうものです。
(⇒借り入れ限度額は預金ではない