キャッシングローンも検討の価値あり

銀行カードローンが本当に良いのか?キャッシングローンも検討しよう

カードローンと言えば銀行カードローンと考えがちですが、同じような金融商品に消費者金融のキャッシングローンがあります。同じようなと言っては消費者金融に失礼でもともとこの商品はキャッシングローンが元祖であって、銀行カードローンはキャッシングローンの利用者急増を見て銀行が同じようなものを作ったと言った方が良いかもしれません。できてしまうと当然ですが銀行の信用力は抜群ですから、あたかも銀行カードローンの方が主流に見えてきますから不思議なものです。

金利からいえば

金利から見た場合には例外もありますが概ね銀行カードローンの方が金利設定は低くなっています。このため利息という意味では銀行カードローンはお勧めできるものです。ただしこれはリボ払いで長期間返済していく場合です。利息と言うのは金利だけでは決まりません。金利と借入期間で決まるものです。したがって借入期間が極短期間であればカードローンでもキャッシングローンでも利息の金額に大きな差が表れるようなことはありません。

利用方法を考えよう

前記のようにリボ払いで長期に返済を続けるのであれば、銀行カードローンがお勧めです。しかし早期に一括して返済してしまう場合には、カードローンでもキャッシングローンでもそう大きな違いは出ないと考えられます。また金利だけでなく使う場所や返済方法が充実しているものなども考慮して決めるべきです。そこでまずは自分の利用場面を想像して利用の仕方を考えるようにしましょう。その上でどのローンを利用するのかを検討してください。

無利息期間

ここで一つ利用方法次第では大変有利なローンがあります。ある一定期間内に返済すれば無利息になるというもので利用の仕方として一時的に借りて給料日に一気に返すというような場合にはこの一定期間内であれば利息を払う必要がありません。この無利息期間を持つものは概ね消費者金融系のキャッシングローンになります。銀行カードローンでも初回に限って無利息と言うものもあります。無利息になる期間はそのカードローンごとに違いますから確認してください。

その他の考慮点

その他にはお金を借りるという点だけではなく、カード自体に多くのサービスの割引や利用の度にポイントが付くものもあります。いろいろと調べて自分の良く利用するサービスが含まれているような場合にはトータルで考えてどれが得になるのかを計算してみてください。利息以上に特になるのであればそのカードローンのほうがお勧めと言うことが出来ます。こういうサービスと言う面では銀行カードローンよりもキャッシングローンの方が充実している場合もあるので十分調べましょう。

審査が通らなければ意味がない

いろいろ検討して銀行カードローンが良いという結論でもおかしいことではありませんが、利用までには審査と言う壁があります。どんなに良くても審査が通らなければ利用することはできません。審査は金融機関のノウハウで行われますが、概して銀行系の方が厳しく行われる傾向があります。正社員であれば問題はありませんが、銀行では厳しいという人もいます。そういう場合もやはりキャッシングローンの利用を検討してみてください。
(⇒銀行カードローンの審査が通る為には