銀行カードローンの金利は高いか低いか

銀行カードローンの金利は高いか低いか?消費者金融より有利なのか

カードローンを利用したいが銀行カードローンが良いのか消費者金融のキャッシングローンが良いのかで迷っている人もいるかもしれません。かつては銀行にはこの手のローンは無く消費者金融のキャッシングローンだけでしたからその中から選ぶことになったのですが、キャッシングローンの利用者が増えてきたことから銀行も指をくわえて見ていることが出来なくなりカードローンとして参入してきました。しかし実は個人の信用保証のノウハウは消費者金融が提供しておりここで提携関係が出来ることになったのです。

当初はきっちり分かれていた

このためカードローンは当初から消費者金融の影響があったわけですが、それでも銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングローンはそれぞれ確固として分かれていました。しかしこの提携によって両者の関係はより強固なものになっていくことになります。この時点では銀行のカードローンの方が消費者金融のキャッシングローンよりも金利は低い状態で、このため初心者には銀行のキャッシングローンのほうがお勧めできると言われていました。

貸金業法の改正

しかしそこで行われたのが貸金業法の改正です。それまで法律によって上限金利に食い違いがあってグレーゾーンと言われている部分があり、消費者金融では通常は金利の高い方を根拠としてキャッシングローンの金利を決めていたのですが、それがこの改正で低い方に統一され、それだけでも打撃だったうえに、それまでグレーゾーンとされていた金利分も返済する必要が出てきたため、消費者金融の経営は一気に傾くことになってしまいます。

提携は進む

しかしこの時点では銀行と消費者金融の相互依存関係が進んでおり、消費者金融に倒れられてしまっては銀行も困ることになります。そこで銀行は消費者金融を子会社化したり、キャッシングローン部門を取り込んだりして救済しました。このためかつては消費者金融のキャッシングローンだったものが現在では銀行のカードローンという位置付けだったりしてきっちり分けられなくなってきており、名前だけ聞いてもどっちなのか判断が付かなくなってしまいました。

金利は

こうした中で金利はどうなっているかと言うと、従来通り銀行カードローンは概ね低いのですが、かつて消費者金融系だったものはその頃の金利を引き継いでいたり、銀行によっては両者の中間的な金利を付けたカードローンになっていたりします。したがって金利だけを検討対象とするのであれば、銀行カードローンだからと言って必ずしも金利が低いものだとは言えなくなってしまいました。このため申し込む際には予め良く調べておく必要があります。

今後の金利は

金利は金融機関が法律さえ守っていれば自由に決めることが出来ますから常に変動していると考えて間違いではありませんが、現在のような経済の停滞している中では金利を動かしたくても動かせない状態が続いています。したがって当面は金利はそれほど大きくは動かないでしょう。しかし将来、デフレ脱却とともにゼロ金利政策が見直されれば、巡り巡ってカードローンにも影響して金利が上昇する可能性はあります。これからの経済情勢を良く見て行くことが必要です。