カードローンの金利

カードローンの金利は様々!低金利を狙うのであれば銀行カードローン

カードローンを選ぶ際に最も比較検討するのが金利ではないでしょうか、同じように借りるにしても金利の低い物ほど利息は少なくて済むことになるので当然です。カードローンには銀行系の銀行カードローンと消費者金融系のキャッシングローンがありますが、最近では提携関係が進んで、以前は消費者金融だったものが銀行のカードローン子会社になっていたりするので一概に分けられなくなっています。これらのカードローンの金利はどれが有利なのでしょうか。

金利はそれぞれ違う

金利は金融機関が法律で決まった範囲内であれば勝手に決めることが出来ます。したがってカードローンの金利も金融機関ごとに違ってきます。銀行はお金を貸す場合に預金者から預かって企業などに貸しますが、消費者金融は銀行から借りて企業や個人に貸しますから、原理的に言っても銀行のカードローンのほうが消費者金融のキャッシングローンの金利よりも低くできます。ただしかつて消費者金融だったものが銀行系に移ったような場合には元々の金利に近い場合もあります。
(⇒銀行カードローンの金利は高いか低いか

審査に問題が無ければ銀行カードローンがおすすめ

したがって申し込み時の審査に問題が無ければ金利の低い銀行のカードローンがおすすめできます。安定した収入さえあれば審査は通るはずです。しかし最近では派遣やパートなどでなかなか収入が安定したとは言えない人もいますので銀行の審査が難しいこともあります。そういう場合には消費者金融系のキャッシングローンから金利の低い物を選んでも良いでしょう。ただし審査なんてしないというような金融機関は怪しいので近づいてはいけません。
(⇒銀行カードローンの審査が通る為には

無利息の場合もある

無利息になるというとびっくりするかもしれませんが、ある期間内に返済すれば利息を取らないというカードローンが消費者金融系のキャッシングローンを中心に存在します。これらのキャッシングローンは表向きの金利は銀行カードローンよりも高いですが、条件を満たせばずっとお得と言うことが出来ます。したがって自分の借り入れや返済方法を良く考えて有利なものを選ぶことが必要になります。最近では銀行のカードローンでも初回に限って無利息期間を設けているものもあります。

金利は変動する

現在日本は金融緩和が進んで低金利時代になっており、カードローンの金利もほとんど動きませんが、金融政策の変動によって金利と言うものは変動していきます。したがって有利だと思って利用しているカードローンがいつの間にか有利ではなくなっているというようなことも考えられます。金融政策が動いている場合には自分のカードローンの金利についても常に監視しておくことが必要です。もしもっと有利なものが出てきているのであればそちらの利用も考えてみましょう。

金利だけで決めるのは禁物

金利だけで決めていると思わぬ落とし穴が空いていることがあります。金利が安いからと申し込んだのは良いが利用できる場所が少なかったり、時間外しか利用できるATMがなかったりしたら手数料を損したり、利用しにくかったりであまり利用できません。わざとそうして利用回数を減らすという意味なら良いですが、利用したくても利用できないのでは何のためにカードを作ったのか意味がないことになってしまいます。そのような点も選定の検討事項にしてください。